4月8日はお釈迦さまの生誕を祝う『花まつり』をする寺院があちこちで見かけると思います。甘茶をかけて祝うのですが、兵庫県では旧暦に因んでひと月遅れの、5月8日にされる寺院が多いそうです。今年も御縁をいただきました寺院さまへお手伝いに行かせていただきました。

土地によって、言葉も風習も変わり歴史や文化を感じます。高野山で修行中、引導作法の伝授を受けた時の記憶には、引導作法は土着信仰が強く、その土地土地で色々な作法が試され、残されたものが地域にあるので優先するように学びました。

現在コロナ禍で様々なことが縮小され、変更を余儀なくされています。伝統や文化が忘れ去られ・・・消えてしまうことが無いように祈るばかりです。拝


ブログ更新をメールで受け取る
メールアドレスを記入して登録していただければ、更新をメールで受信できます。