今日 17日 は千手観音様の御縁日でした。観音様は、正式には観世音菩薩と言って、世の中の音を観察すると書くように、ずっと音を観てくださっていると言われています。

私たちの声にならない声まで聞き分けて、三十三のお姿を使い分けて、私たちの前に現れ救ってくださる仏様です。

千手観音様の正式名称は、千手千眼観世音菩薩と言って、大清浄(煩悩や罪がなく、清らかでけがれがない)の悲願(仏様が私たちを救おうとたてた誓いや願い)を発して、

無量円満(完璧で隙が全くない)の千の慈しみの眼で私たちを見つめ、千の御手にて、あらゆる方法を駆使して、手を差しのべてくれる仏様です。

そんな御縁日に、いつも護摩でお手伝いをしてくださる和摩くんのご家族や、また遠方からもお参りがあり、何かと賑やかな一日でした。

24日まで弘法大師様のご開帳もしておりますし、今年は丑年で虚空蔵菩薩様へのお参りもございます。

コロナ禍のことも考え、皆さん少人数でお参りしてくださいますので、此方も安心してご案内できます。

疫病が退散し、早く安心して暮らせる日が来ますように…。合掌

 

「観音祈願/厄除開運」ご案内のページはこちら

岩屋山 金剛寿院 福勝寺

 

【拝観申込・お問い合わせ】

    ブログ更新をメールで受け取る
    メールアドレスを記入して登録していただければ、更新をメールで受信できます。